梅田の有名美容外科で美容整形をした時のことなのですが、今思い返してみれば「電車で帰れば良かったなー」と思います。私が美容整形手術を受けた箇所は、鼻と目(まぶた)なのですが、マスクひとつで隠せばあまりわからない程度でしたから。

というよりもマスクすら要らないかなーと思うぐらいでした。二重まぶたの美容整形手術については、ほとんど腫れていませんからね。また、鼻にはプロテーゼを入れて高くしてもらってもいますが、それも腫れていませんから。

いや、厳密に言えば、多少は腫れていたのかもしれませんけれど、私にはわからないぐらいです。それに鼻の高さを出すプロテーゼは鼻の穴の中の皮膚を切って入れていますので、顔の表面からはわからないのです。顔の表面には鼻の美容整形のための切り傷がついていませんから。

ですから「マスクで隠す」のは心の保険的な意味合いだけで、見た目的には何も隠さなくても良かったのですよね。けれど、なんとなく落ち着かなくて結局マスクをして、そしてタクシーで手術日は帰宅しました。でも、電車で帰っても良かったなーとは思いますね。